未熟児養育医療費助成制度


ページ番号1000976  更新日 平成29年3月14日


身体の発育が未熟なまま出生した乳児が、指定医療機関で入院治療をする時の医療費を助成するものです。

未熟児養育医療費助成制度

事業の対象

熱海市に住民登録がある1歳未満のお子さんで、出生体重が2000グラム以下、または生活力が特に弱く、入院が必要と指定医療機関の医師が認めた方。

助成内容

指定医療機関での保険適応の入院治療費を助成します。
ただし、保険適用外(差額ベッド代、オムツ代など)は助成の対象となりません。
(※対象世帯の所得状況に応じて自己負担金が発生した場合には、熱海市の「子ども医療費助成制度」で全額助成されます)

申請に必要な書類

  1. 養育医療給付申請書(様式第3号)
  2. 養育医療意見書(様式第4号)
    ※指定医療機関の医師に記入してもらってください
  3. 世帯調書(様式第5号)
  4. 世帯全員分の所得税額を証明する書類
    ※詳しくはお問い合わせください
  5. 対象児の健康保険証
    ※健康保険証が出来ていない場合はお問い合わせ下さい
  6. 印鑑

その他

医療機関より未熟児養育医療費助成制度の申請について説明がありましたら、上記1〜6の書類などを揃えて、いきいきプラザ(保健センター)窓口にて申請をしてください。1〜3の書類につきましては、ダウンロードにて入手または保健センターにて受け取ってください。

申請用紙ダウンロード


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6294 ファクス:0557-86-6297


[0] 熱海市公式ウェブサイト [1] 戻る

Copyright (C) Atami City Official Website All rights reserved.