介護保険制度


ページ番号1000687  更新日 平成30年4月3日


介護保険制度とは

介護保険はみんなで支え合う制度です。

介護保険制度とは、介護が必要になった人とその家族をサポートするために、サービスを提供するための保険制度です。
少子高齢化や核家族化が大きく進む中、これまで主に家族が行なっていた介護は、家族だけでは支えきれない状況となっています。
このような問題を、社会全体で受け止め、支え合う仕組をつくるため、介護保険制度は生まれました。
介護保険の事業は、市区町村が運営します。

介護保険に加入する人

介護保険は、原則として、40歳以上のみなさんが、お住まいの市区町村が運営する介護保険に加入します。
 

熱海市にお住まいの人は、熱海市の介護保険に加入することになります。

ただし、熱海市にお住まいの人でも、他の市区町村から介護保険施設や有料老人ホームなどの住所地特例対象施設に転入した人は、前の市区町村の介護保険に継続して加入していただくことになります。

65歳以上の人 第1号被保険者といいます。

サービス利用:全ての方が利用できます。
保険料の納入:介護保険料として納入します。

※法令上、65歳になるのは誕生日の1日前です。

40歳以上65歳未満の人 第2号被保険者といいます。

サービス利用 :特定疾病という指定された病気に疾患した方のみ利用できます。
保険料の納入:加入する健康保険の保険料(税)と共に納入します。

加入の手続きは必要ありません。40歳になった月から自動的に加入されます。

例:
10月1日が40歳の誕生日の人:9月から加入され、保険料も9月分から発生します。
10月2日が40歳の誕生日の人:10月分から加入され、保険料も10月分から発生します。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


健康福祉部 長寿介護課 介護保険室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6282 ファクス:0557-86-6264


[0] 熱海市公式ウェブサイト [1] 戻る

Copyright (C) Atami City Official Website All rights reserved.