施設案内 双柿舎(坪内逍遙氏旧居)


ページ番号1002040  更新日 令和3年10月1日


[画像]写真:双柿舎ときれいに手入れされている庭(80.8KB)

概要

シェイクスピアの翻訳家としても有名な明治の文豪「坪内逍遙」が、大正9年から昭和10年に亡くなるまでの15年間を過ごした住居です。庭にある2本の柿の古木から双柿舎の名がつけられました。門の扁額は会津八一の筆によるものです。

所在地

〒413-0016 静岡県熱海市水口町11-17

電話番号

0557-81-2232(開館日のみ)0557-86-6232 生涯学習課文化交流室 (施設)

利用料金
無料
開館時間
午前10時〜午後4時
開館日
毎週土曜日・日曜日(年末年始休館あり)
駐車場
無し
交通アクセス

地図

双柿舎(坪内逍遙氏旧居)の地図

[画像]双柿舎 熱海市水口町(谷口外科病院の下側)になります。(33.9KB)


[画像]双柿舎 建物のお庭になります。(51.4KB)

関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


教育委員会 生涯学習課 文化交流室(施設担当)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6232 ファクス:0557-86-6606


[0] 熱海市公式ウェブサイト [1] 戻る

Copyright (C) Atami City Official Website All rights reserved.